ものが溢れる時代

新居選びの重要なポイントは収納というアンケート結果をよく見ます。それぐらいに物が溢れていて置き場に困っている人が多いのでしょう。事実、トランクルームに代表される収納スペース貸しのビジネスは長く人気を保っています。

最近ではより小さい単位で預かってもらえるサービスも登場し、収納もアウトソースしてしまう流れが確実なものになってきています。段ボール単位で預かってくれるサービスや衣服に特化したサービスも登場したりと、ユーザーからすると選択肢が増えて嬉しい限りです。

今回のテーマは、こうした収納スペースを提供するサービスのサイトや管理システムをどのように構築するべきかについてです。コストを抑えながらも付加価値としてユーザーの利便性を高めるためにはどのようなポイントに注意すべきか整理してみましょう。

Point.1 多店舗前提で構築コストを圧縮

複数店舗を経営している場合、店舗の数だけシステムが分断されているとメンテナンスのコストもあがりますし、初期構築のコストもあがってしまいます。ここは多店舗を前提にした設計の共通管理システムを導入することでコストを圧縮しましょう。

ユーザー側も一つのIDで複数の店舗を利用できるようにし、この荷物はこっち、あの荷物はあっちといった使い分けができるようにします。顧客管理も統合できるので、連絡が二重にいくといったことを未然に防止することができ、コスト削減とユーザーのストレス軽減につながります。

Point.2 預けているもののリストを簡単管理

借りるスペースが大きくなり、管理がざっくりになればなるほど、何を収納していたか忘れてしまうユーザーが増えてきます。そこでサイトのマイページ上で何を収納しているかを管理できる機能を実装します。

種類を簡単に選択するだけで登録できるようにし、入力の手間を減らすとともに、何かメモを付記しておきたい場合の自由入力欄も備えておきます。あまりパソコンやスマートフォンでの入力に慣れていないユーザーに対しては紙ベースで収納物一覧を作成してもらい、それの登録を代行で行うサービスも展開します。入力代行は別途料金を頂戴するか、特定のプランにはあらかじめ含まれているといった運用がお勧めです。

さらに高機能にするのであれば写真も追加できるようにしておき、家にいながらにしてどんなものが収納されているかをひと目で確認できるようにしましょう。収納日とあわせて登録しておくことで、そのまま収納し続けるべきか処分してしまうべきかの判断をサポートします。

Point.3 空き部屋お知らせ機能

今借りているスペースが足りなくなる、ということがよくあります。同じ店舗内で空きがでればラッキーな方で、違う店舗に泣く泣く荷物を置いている人も多いのではないでしょうか。

収納スペースの空き状況は毎月変動しますので、その空き状況の最新情報を自動的に配信し、希望するユーザーが受け取れるようにしておきます。既存ユーザーのみに配信するか一般のお客様にも空き待ち情報の提供を開放するかは経営方針で判断してください。より近い位置でまとめて借りてもらったほうが利便性が高まり、結果として継続率が高まります。

場所貸しだからこそサービスで差異化を

収納スペースのビジネスはいわば場所貸しです。場所が商品である以上、値段や広さや立地の勝負になりがちですが、サービスもしっかり充実させることで指名買いの率を高めることができます。

多店舗であればその効果が出やすいのは事実ですが、一店舗の場合でも便利な機能は喜ばれます。5年単位での投資として、システム投資を検討してみてください。

開発スタッフのコメント
解錠システムの選択肢が増えてきました。古くからあるメーカー品も、ネットワークに対応しているものが増えてきましたし、最初からネットワーク対応で参入している新規メーカーも様々です。ネットワーク対応の商品は何かしらのシステム連携のための機能がついていることがありますので、そうした機能を活用することでより高度な鍵管理、鍵渡しが実現します。物理キーの廃止や、対応スタッフの人件費削減などを検討しているのであれば一考の価値はありそうです。