Chatworkを用いた開発体制の構築

国内では高いシェアを誇るコミュニケーションツールであるChatwork。ビジネス向けの機能が充実している一方で、昨今のGitHubやBitbucketに代表される開発ツールとの連動性は決して高いとは言えませんでした。プロジェクトの関係者へのコミュニケーション精度と効率を高めるため、Chatwork APIを活用したBOT開発がスタートしました。

Chatworkの良さを活かしたシステム設計

通常、BOTの導入には特別な知識が必要になるものですが、複雑なユーザー登録や設定を不要にし、Chatworkを普段使う動作だけですべてが完結するように構築。コンタクトを追加し、グループチャットに追加・削除するだけで、BOTの利用開始と停止が行えるようにしました。

徹底的な自動化と秘匿化

情報流出やプライバシーの問題がつきまとう昨今、サービスの性質を考え、人が介在せずに、内容も秘匿化されるように細部までこだわりました。具体的には、APIで提供されていない機能はブラウザをエミュレートする機能を活用し自動化。人が全く介在せずに運用できる体制を構築しました。また、アプリケーションのログはもちろん、サーバーのログやデータベースの削除、通信の暗号化を含め、BOTが通知した内容は一切残らないように設計しています。

通知対象の拡張も可能な設計

BOTの公開時には、GitHubやBitbucketのイベントに加え、メールを特定のメールアドレスに転送することでメール通知にも対応しています。今後、同様のWebhookを利用できるサービスを追加していけるよう、拡張可能な設計を施しました。また、システムと公式サイトのサーバーを物理的にわけるなど、運用上の工夫も行っています。

こういったお悩みをお持ちであればご相談ください

LINE通知を追加したい

日本のスマートフォンにおけるコミュニケーションツールとして、圧倒的な地位を占めるLINE。このLINEを自社のサービスに活用することで、付加価値を高めたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。公式アカウントをフォローしてもらうようなライトな施策から、LINEのAPIを活用した高機能な連携まで、多種多様なアプローチが可能です。

ユーザーとのやりとりが発生するような業態であれば、その連絡をLINEに対して送信することもできますし、ユーザーとのやりとりをシステムが代わりに行うことも可能です。顧客サポートの軽度なものをBotやAiと呼ばれるものに委ねることはますます一般化してきていますし、様々な角度から業務効率を高めることもできるでしょう。

ただの連絡手段のみならず、マーケティングツールとしても活用可能なLINEは、アイデア次第で非常に有用なツールです。自社のサービスやシステムにLINEとの連携機能を組み込むことはできないか、組み込むことでどういったコミュニケーションが可能になるか、是非検討してみてください。

Slack、Teams通知を追加したい

事例内で紹介したChatwork以外にも、同種のビジネスチャットサービスであるSlackやMicrosoft Teamsとも連携することが可能です。Slackは豊富なインテグレーション機能が用意されていることと、利用されている方々のITリテラシーが高い傾向があるためそこまでの重要性はないかもしれませんが、そういった方々向けにサービスを提供されている方にとっては、Slackへ通知を送信できることは非常に意味があります。TeamsにしてもMicrosoftのブランド力によりシェアが高く、利用者数という意味では無視することはできません。

いずれのサービスも連携するためのAPIが非常に整備されているため、かなりの自由度で通知を投稿することができます。業務フローの中に組み込んでみたり、顧客サポートのフローに組み込んでみたりと、発想次第でおもしろい使い方ができると思います。

会社横断的にこういったチャットツールを導入する企業も増えているだけに、自社内、または顧客とのコミュニケーション改善、効率化に資する使い方ができないか、アイデア出しをしてみることをお勧めします。

メールを基に処理を行いたい

チャットツールの普及と矛盾する部分もありますが、メールは依然として重要なコミュニケーションツールです。とはいえ、メールを旧来ながらのメールソフト、WEBメールで管理するシーンは段々と減り、顧客サポートであれば専用のツール、受注メールであればネットショップ管理ツールといった具合に、メールを何かしらのツールに取り込むことで業務効率を高めるアプローチも増えていると思います。

テキスト情報であるメールを適切に解析し取り込む。メールの内容にあわせて処理を分岐させて実行する。こうした少々複雑な仕組みも、システムが介在することで安定的かつ正確に実行が可能です。

現在の業務や顧客サポートの効率に不満を感じているとしたら、メールを起点に業務を自動化できないかを考えるチャンスです。全てを自動化できなくとも、半分を自動化できるだけでも大きく改善する場合もあります。


当社では、独自BOTの開発や、BOTを活用したビジネス展開まで、パートナー企業としての支援が可能です。ご相談はもちろん無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

» システム開発について

» Chatworker BOT