職人/大工とリフォームマッチングサイトのシステム構築

System

細かく手入れする時代

家が古くなったからといって、いきなり建て替えという行動にでるのは、一部の人に限られます。多くの人にとってはリフォームが第一選択肢であり、日々投函されるチラシやインターネットから情報を収集するのではないでしょうか。

そういった需要から、数多くのリフォーム専業会社が誕生し、激しい競争を繰り広げています。気付いたら支店が減っていた、会社が無くなっていたということも珍しくありません。その一方で、直接、職人や大工とマッチングさせる中抜きモデルを実現する土台ができてきました。

リフォームを考える世代がインターネットを十分に駆使するようになった今、リフォームに関連する職人と直接マッチングできる仕組みのシステム構築についていくつかのポイントで考えてみましょう。

Point.1 スケジュール管理とセット

日々、いろいろな協力会社から仕事を請ける職人にとって、スケジュール管理が複雑になるのは是が非でも避けたいことです。ましてやダブルブッキングなどが起こっては職人としての信頼に関わります。

そこでシステム内にスケジュール管理機能を設け、GoogleCalendarからデータを読み込んでそこで一元管理できるようにしたり、逆に、GoogleCalendarに書き込む機能を作ることで、今使っている管理方法と違和感なく統合できるように配慮しましょう。GoogleCalendar以外にもたくさんのカレンダーサービスがありますが、どこまで対応するかは優先順位付けをすることで予算を圧縮できます。

Point.2 依頼項目を自動分解

リフォーム依頼者は、「こういったことをしたい」というのはあっても、それを具体的な工程に落とし込むことはできません。そこで、例えば「バスタブを交換したい」といったメニューを複数用意し、そのメニュー毎に工程を自動分解し、職人が「これなら自分も参加できる」という単位に分解できるようにしましょう。

分解した後はその個別要素について職人に入札/立候補してもらい、条件があえば施工へと流れるイメージです。運営者側でそのやり取りの要所要所でチェックすることで、意思疎通やその後のスケジュール管理がスムーズにいくようになりますので、自動と手動のベストなバランスを模索してみてください。

Point.3 プロジェクトページにすべての情報を集約

一つのリフォーム案件をプロジェクトと見立て、そこに参加する職人、スケジュール、伝達事項といったことが、すべてそのプロジェクトページで完結するようにしましょう。全員がこのプロジェクトページを中心に動き、言った言わないや忘れていたといったミスを防止します。

また、顔もスケジュールも一目瞭然なので、発注主も職人も安心してリフォームを進めることができます。変更があれば関係者に即時通知され、また、関係者に一斉連絡もこのプロジェクトページから行えるようにすることで、相互コミュニケーションの手間を低減しましょう。

スマホ時代の中抜き

職人との調整が必要な業界は、インターネットが普及した後もなかなか中抜き化が進みませんでした。それが今、スマートフォンの普及によって、少しずつですが様相が変わってきています。

このうねりの中で、リフォームや補修を考えている施工主と、仕事を直接欲している職人/大工を結びつける仕組みは、大きな可能性を秘めていると言えるかもしれません。

関連エントリー

    関連エントリーは見つかりませんでした