ゴルフプライベートレッスン/コーチのホームページ制作と集客戦略

System

成果にこだわる人の選択肢

ゴルフのブームは少し落ち着いたとはいえ、大人のスポーツとしての地位は決して揺らぐことはありません。より効率的にスコアをあげるためのサービスも増えてきており、インドア練習場の進化や、レッスンのプライベート化等、今の時代に即した変化が、業界全体に起こっているように感じます。

その中で急速に一般化してきているのがプライベートコーチや、そういったサービスを提供するレッスン場ではないでしょうか。フォームの改善や筋トレ含めた総合サービスを行うところもあり、より効率的にスコアをあげたい人たちを中心に支持を集めているようです。

今回はこうしたゴルフのプライベートレッスン場やコーチのホームページ制作がどうあるべきか、また、集客はどのように強化していくべきかについて、いくつかのポイントで整理してみましょう。

Point.1 実績をあの手この手でアピール

ゴルフのコーチである以上、ゴルフのスキルをアピールすることはとても重要です。華々しい個人としての経歴があれば尚よしですが、それは上には上がいる世界。選手としてのキャリアで勝負できない場合は、コーチとしての実績をしっかりとアピールしてください。

たくさんの人のスコアを改善した実績があれば良いですが、数が少なくても問題ありません。数が少ない場合はその分、その少ない事例をしっかりと掘り下げ、どういった原因に対してどうのようにアプローチし、どう改善していたかを事細かに解説することで補ってください。

Point.2 専門性のみならず総合力もアピール

スポーツも一つの健康維持のための活動と定義すると、ここ数年で関連する事柄は増えてきました。ストレッチやダイエット、筋トレ等、ゴルフを単に娯楽ととらえず、こういった健康関連ワードとセットで考えている人も多いと思います。

ゴルフに限定したアピール度が同じレベルであれば、ストレッチやトレーニングにも精通しているコーチのほうが支持されるでしょう。また、食事や漢方に精通しているのも切り口としてはおもしろいと思います。

硬派にゴルフだけでアピールする、というのも潔いですが、長く関係を続けられるかは幅の広さにも依存してきます。最初のつかみだけではなく、長期的なパフォーマンスアップのためにも、総合力の強化・アピールを検討してみてください。

Point.3 地道な発信

このソーシャルメディアの時代、集客関連の本を読めば必ずといって書いていることですが、発信はやはり大切です。週に一度でも構いません。ゴルフのスコアアップに関係することを継続的に発信してください。

「今更・・・」と思われるかもしれませんが、それでもやはり意味があります。何も既にたくさんの人が書かれている同じ土俵で戦う必要はありませんし、100文字ぐらいの短い投稿を書き連ねてもあまり意味がありません。

例えば地域性を重視して、近くのゴルフ場の攻略方法について解説してみたりするのも一つでしょう。同じ内容でも、切り口を変えることでユニークになることは可能です。可能なペースで、意味のある発信を継続できるようにしてみてください。

関係を積み重ねていく

プライベートコーチは総合力が問われます。それだけに一度関係ができてしまえば長期的に取り組め、関係が深まっていくものでもあります。

相性が良くない新規客を無理に集める必要はありませんが、未来の顧客候補が常に集まる状態にしておくのはとても大切なことです。今日よりも明日、明日よりも1年先を見据え、ホームページという資産に磨きをかけていってください。

関連エントリー

    関連エントリーは見つかりませんでした