動物園のホームページ・WEBサイト制作/リニューアル

System

情報発信が問われる時代、動物園でホームページを持っていないところなど存在しないのではないでしょうか。それほどに重要性が認知されていると思いますが、そのポテンシャルを十分に活かせているかというと話は別です。

積極的な広告をうちにくい業態だけに、引きの強いホームページは集客の柱になり、長期的な競争力をうみえます。早速いくつかのポイントで整理してみましょう。

Point.1 スタッフ任せにしない更新

TwitterやFacebook、Instagramなど、ソーシャルメディアの普及によって、日々の情報発信をスタッフに任せているところも多いと思います。継続的かつ具体的な情報発信は非常に有効な施策なので可能な限り推進すべきですが、その内容の質をスタッフ任せにしているところも多く、もったいないと感じることもしばしばです。

たとえば何かの赤ちゃんが生まれた、という一つのネタに対しても、どのような言葉で、どういった写真で、どういったシリーズで伝えていくかに企画のセンスが問われます。ただ、素朴に紹介するだけでも多少の効果はあるかもしれませんが、一つのネタを、大きなうねりにし、ソーシャルメディア上で拡散される大ネタにつなげるためにも、ソーシャルメディアの活動量のみならず、その質も意識するようにしてください。

手をつけやすい施策としてはよりよい発信をするための勉強会と、効果を数字で測定するための体制整備です。何もたくさんのお金を使わずとも、効果測定の体制は作ることができます。何を目指し、何をするかを明確にすることで、ソーシャルメディアでの発信力は高まるはずです。

Point.2 写真、動画、そしてGIFムービー

動物園であれば写真にこだわり、さらには動画も効果的に配しているところが増えてきました。最大のアピールポイントである動物たちをいきいきとした姿で伝えるのは理にかなった方法なのでどんどんと強化すべきです。

さらに一歩進んだアプローチに、GIFムービーを効果的に使うというものがあります。動画は再生ボタンを押して再生がはじまるので、そこで足止めをしてしまったり、動画を見ることのハードルが高かったりしますが、GIFムービーは画像の一種として読み込まれ、少ない尺ながら、動画っぽく見てもらうことができます。

コミカルに動く動物たちをGIFムービーとしてホームページの各所に配することで、よりダイナミックなホームページ体験を潜在顧客に提供することが可能です。

Point.3 フォトジェニックを意識

Instagramが若い世代を中心に爆発的に普及する中、動物園も「写真映えする」という点を意識すべきです。動物と距離が近い、ということも十分なアピールポイントではありますが、さらに踏み込んだ企画を園内でできないか、ホームページと連動するかたちで企画してみてください。

これはどこかの観光地にあるような古くさい写真撮影スポットを作る、という話ではありません。例えば1時間に1度、動物とすごく近い距離で撮影ができるだとか、時間限定の練り歩きがあるだとか、思わず写真を撮りたくなる、自慢したくなる企画ができないか、各園の事情にあわせた発想をどんどんと試してみるのをお勧めします。

変わらないコンテンツ価値

動物園は派手さはないものの、今もなお色あせないコンテンツ価値をもった業態だと思います。見せ方が変われば顧客体験も大きく変わります。動物たちは変わらなくても、それをどう紹介し、どう楽しんでもらうかが運営側の腕の見せ所ではないでしょうか。

きれいなだけのホームページから一歩進化し、もっともっと楽しい動物園に進化させてみてください。

関連エントリー