リスティング広告の審査対策/自動チェック/シミュレートシステム

System

いたちごっこ

ネット広告市場の拡大に伴い、それを規制する法整備も進んできました。GoogleAdwordsやYahoo!リスティング等、検索連動広告と呼ばれる分野でも、広告出稿に際しての審査は年々厳しくなってきています。

とりわけ、医療広告の分野は規制が強いこともあり、なかなか思うように出稿できない、または、出稿していたものが審査落ちして出稿停止になる、といった事態も多く起こっているのではないでしょうか。

いかにして効率的に審査対策を行うか、その一つの切り口は、自社内でそのチェックを効率化する方向性です。今は人力でやっていることを自動化することで、効率化と精度が高まることが期待できます。さっそくいくつかのポイントで整理してみましょう。

Point.1 NGワードを簡単に追加していける

薬品名や登録商標、若返りといった効果効能を約束する文言など、医療広告ガイドライン特有のNGワードが数多くあります。こうしたキーワードは常に変化するため、簡単にメンテナンスできる必要があります。

システムのユーザーインターフェースを工夫し、簡単にNGワードを登録できるようにしましょう。単語単位はもちろん、その単語の関連語などもサジェストして登録できるようにすると、メンテナンスにかかる時間を短くすることができます。

Point.2 危険度をスコア化して俯瞰

広告審査は、着地先ページのみならず、そこからリンクしている先も見られています。そこで、対象ページからのリンク先を同様にチェックし、サイト全体の危険度を視覚化するようにしましょう。

全体を一覧してどのページが特にリスクが高いかがわかれば、そのページへのリンク(導線)を絞るという対応をとることができます。また、修正漏れや思わぬ迂回導線の発見にもつながるため、サイト全体を俯瞰して見ることはとても重要です。各ページのリスク度をスコア化し、色分け等で直感的に現在のサイトの健康状況をわかるようにすることも重要です。

Point.3 通知機能で連携強化

システム画面に見に行けば情報が見られることも大切ですが、チャットツールやメールを活用することで、日々の変化を簡単にチェックできるようにすることも大切です。

また、こうした通知機能を強化することで、協力関係にある制作会社に自動的に通知を飛ばすこともでき、社内の担当者の負担を減らすとともに、コミュニケーションのステップ数を減らし、ページ修正のスピードを高めることも可能です。

空白の時間を撲滅

ページ修正はどうしても、審査落ちしてから原因を究明し、修正を施した上で再審査にあげるという、どちらかというと待ちの姿勢になってしまいがちです。それでは広告出向に空白の時間を作ってしまうことになり、大きな機会損失をうみかねません。

リスク度の高いページを事前に把握、または事前に修正してしまうことで、広告出稿をとめないですむのはもちろん、修正作業の平準化にもつながりコスト削減も実現できます。人力は柔軟ですが限界があります。システムの力を活かし、広告出稿による成果を最大化してみてください。

関連エントリー