お祭り・フェスティバルのホームページ、告知ページの制作

System

集中告知

夏になると、地域のお祭りやロックフェスなど、何かしらの催し事が増えてきます。毎年恒例のものもあれば、その年限定のものもありまあすが、どちらの場合も、いかにしてそのイベントの認知を形成するかで頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか。

インターネット集客にかけられる予算も限られる中で、どのようにホームページや告知ページを考えていくべきか。いくつかのポイントで整理してみましょう。

Point.1 ページ1枚で完結させる

よほどの大規模なイベントでない限り、基本的には1枚のページで完結させるべきです。盛り込みたい情報が多い場合、とても長いページになりえますが、コストをおさえる意味でも、ページの更新を容易にする意味でも、基本的には1ページをおすすめします。

とはいえ、長いページで移動がしにくくては意味がありませんので、ページ内を簡単に移動できるナビはもうけ、自由自在にセクション間を移動できるようにしましょう。

Point.2 お知らせはソーシャルメディアで

イベントの開催が近づくにつれて、色々なお知らせを発信することがあると思います。そういった鮮度のある情報はFacebookやTwitter、Instagramなどのソーシャルメディアでの発信を行いましょう。

お知らせ機能を内部に持たないことで、ホームページ自体が身軽になりコスト削減につながると同時に、ソーシャルメディアで共有されやすくなるなどいいことづくめです。ソーシャルメディアは投稿も容易なことが多く、スタッフの負担が軽減されるのも見逃せません。

ホームページや告知ページではお知らせを自動的に読みこんで表示すると共に、各ソーシャルメディアへの導線をひいて、イベントがより多くの口コミをうみだすように配慮しましょう。

Point.3 仕掛け、を組み込む

いくら予算がないからといって、紙のチラシを掲載しているだけのホームページでは悲しすぎます。また、そこまでいかないまでも、内容は紙と全く一緒というのもおもしろくありません。

ホームページは更新しやすい媒体です。そして、スマートフォン等から、いつでもアクセスできる媒体でもあります。イベントに向けた盛り上がりを演出する意味でも、ホームページにくることが得になる、楽しいといった仕掛けを組み込んでみてください。

単純な割引きでもかまいませんし、ちょっとした秘密の仕掛けでもかまいません。お祭りやイベントならではのメッセージをそこに組み込むことができないか、検討してみてください。

できる範囲で全力で

お祭りやフェスティバルは、多数のボランティアに支えられている性格のものも多く、予算が少ない中でどのように創意工夫するかが問われます。かといって、それは手を抜いていいことを意味しません。

限られた条件の中でもできることは無数にあるはずです。知恵で予算を補い、インターネット集客の面でイベントを成功に導けないか、模索してみてください。

関連エントリー