不動産業向け駐車場管理・代金回収・空き照会システムの構築

System

定期収入の基盤

不動産業者、とりわけ、地域密着の「街の不動産屋さん」にとって、駐車場管理業務というのは金額は大きくはありませんが、定期的な収入を見込める事業の一つだと思います。ですが、1件1件の金額は小さく、かといって高付加価値が成立するモデルではないため、どうしても単価引き上げで売上を伸ばすことは困難です。

そういった状況下で考え得るのは業務効率化です。売上を大きく伸ばせないのであれば、業務コストを削減することで利益を伸ばせないかを追求することが重要です。ですが、無理な業務コスト削減はクレームを生むだけです。システムを活用して、どのようなアプローチが可能か、いくつかのポイントで整理してみましょう。

Point.1 空き照会の自動化

駐車場管理の大半は、いまだに電話でお問い合わせ下さい、といった、旧来ながらの受付方法です。ホームページで空き状況を掲載しているところもありますが、最終的にはメールか電話でお問い合わせ下さいといったパターンのところがまだまだ多いように感じます。

可能な限りリアルタイムの空き状況をインターネット経由で行えるようにすることはもちろん、そのまま申し込み、支払いまで行えるようにしましょう。毎月の引き落としは収納代行等を使っているところも多いと思いますが、カード払いを可能にするのであればそのまま月額自動引き落としのカード決済の設定も可能です。初期費用と収納代行がはじまるまでの間だけカード決済といった役割分担も可能ですので、スタッフが介在しない申し込みフローを検討してみて下さい。

Point.2 キャンセル待ち機能の実装

駐車場管理も、稼働率が重要なことは言うまでもありません。空きがでてから申し込みを受け付けていては、1〜2ヶ月のタイムラグによる損失が発生しています。これは発生させないために、キャンセル待ちの機能をもうけましょう。

具体的には、空き照会で満車という駐車場に対してキャンセル待ち登録ができるようにし、解約のタイミングが確定した段階でキャンセル待ちしている人達に順に自動でお知らせしていきます。実際の解約前に見込み客にアプローチできるため、うまくいけば空き期間が無く次の利用者に引き継げます。駐車場は家とは違い、ほぼ移行期間無しに引き継げるので、この方策による売上アップが見込めます。

Point.3 空きと連動したネット露出

月極駐車場もインターネット経由で探されるケースが増えています。もちろん、満車時にわざわざネット広告を出稿する必要はありませんが、空きがある又は見込まれる場合は、その期間だけ検索連動型広告に自動的に出稿するようにしましょう。

「地名 駐車場」のようなキーワードに出稿することで、確実に見込み客に自社の管理駐車場の空きを伝えることができます。競合の駐車場情報はそもそもインターネット上に空き情報が出てこないことも多いだけに、少しの露出でも大きな効果を見込むことができます。

インターネット広告への出稿はもちろん手作業でも可能ですが、数が増えてくる管理が大変ですし、検索連動型広告への理解が必要なので、スタッフの教育も必要です。ここは思い切ってシステムに委ねてさらに業務効率を向上させましょう。

地味な事業を攻める

駐車場管理は不動産業にとって、物件売買と比べるとどうしても地味な事業だと思います。コツコツという言葉が似合う事業かもしれませんが、だからこそ攻めることで駐車場オーナーへの提案力も向上しますし、何より稼働率向上は関係者全員が幸せになります。

昔ながらの方法では地味なコツコツ事業のままですが、攻めて工夫する余地はまだまだあります。システムを活用した業務改善、是非検討してみて下さい。

関連エントリー

    関連エントリーは見つかりませんでした