オフィス家具/チェア販売のネットショップ構築

System

生産性と向き合う

オフィス家具市場が賑やかです。昔から、大規模なオフィスビルでは、ショールームかと見まごうほどの豪華なオフィス家具が納品されていましたが、より多くの人に高機能なオフィス家具が求められるように時代が変化しつつあります。在宅ワーカーがオフィスチェアにこだわることも多いですし、それほど大規模でない会社でも、一流のブランドオフィス家具を購入することも珍しくありません。

生産性への投資という意味でポジションを確立したオフィス家具ですが、それを販売するネットショップ間の競争は非常に激しいものがあります。今回は、こうしたオフィス家具/チェアのネットショップ構築について考えてみたいと思います。早速いくつかのポイントで整理してみましょう。

Point.1 バリエーションをわかりやすく見せる

オフィス家具、とりわけオフィスチェアの場合、色のバリエーションや肘の形状の違い、フレームの色等、SKU単位で考えるととんでもない数になってしまいます。それをいかにわかりやすくできるかが、訪問者に対する負担を軽減する上で重要です。

一つの商品につき一つのページにできるのが理想ですが、外部のショッピングカートサービスを使っている場合、そこまでの選択肢設定ができない場合が多いと思います。その場合は色だけは同一ページで見られるようにし、フレームや背もたれの高さ、肘の形状は、すべて別商品として登録してしまって回避するのも一つです。

自社構築のネットショップでカスタマイズが可能であれば、そうしたすべての選択肢条件を1ページにすることで、迷わず、使いやすいページにすることができます。画像の連動も含め、可能であれば対応して下さい。

Point.2 メーカー納期も細かく表記

オフィス家具のような大きな商品になると、メーカー直送という納品形態が多くなると思います。メーカーの納期は多めに見積もって掲載しておくところが多いと思いますが、そういった事情を知らない訪問者はその多めに見積もられた納期をもとに、他のネットショップと比較します。ここで他店に見込み客をとられてしまうのはもったいなさ過ぎます。

メーカーが納期情報を公開しているのであれば、システム的に自動取得できるようにし、ネットショップの納期情報を随時更新しましょう。遅れがでない範囲で短くすることで、「この納期ならここで買おう」と思ってもらえたならしめたものです。価格の安さもとても重要ですが、納期の早さもとても重要です。その両方をしっかりと突き詰めて下さい。

Point.3 比較記事やレビューを充実

お客様の声や商品レビューというものが一般的になってきましたが、オフィスの購買担当がメインの顧客のオフィス家具ネットショップではなかなか集まりにくい性質があります。だからといって具体的な商品評価が無いのは訴求力に欠けます。そこで、スタッフによる比較記事や商品レビューを充実させましょう。

あくまでスタッフ個人の感想という切り口で、身長や可能なら体重も公開し、商品の使い心地や座り心地をしっかりと書いたページにしてみて下さい。商品に詳しいお店・スタッフという印象を与えることもできますし、なかなか試しに座ることできない地域の人にとってはかけがえのない参考情報になります。

総合力が問われるマーケット

オフィス家具は安さが重要であることは異論はないと思います。ですが、安さを追求したあまりにサービスや納期がないがしろにされているお店が多いのも事実です。そこに細部にまで作り込まれたネットショップを構築することで、まだまだチャンスがあるように感じます。

メーカーとの連携含め、いかに省力化をはかりつつ、訪問者に対する情報量やサービスを充実させていくかが肝になります。現状使用しているショッピングカートシステムの仕様だからとあきらめる前に、もう一段高い視点からの目的思考で、ネットショップを進化させてみて下さい。

関連エントリー

    関連エントリーは見つかりませんでした