日本酒レビュー/情報ポータルサイトのシステム構築

System

輝く個性

インターネットの普及は、日本酒業界にも大きな影響を与えています。今までは知る人ぞ知るだけだった銘柄が、一躍脚光を浴び、品切れとしてプレミアがつくという話も珍しくありません。いわば、埋もれていた個性が輝く時代になったと言えます。

その一方で、日本酒にまつわる情報はまだまだ少なく、どこで何が飲めるかといった情報も不足しているのが現状です。ワインのように世界的に情報が蓄積されているものに比べると、情報文化という意味ではまだまだこれからなのかもしれません。

今回は、こうした日本酒のレビューや情報をまとめたポータルサイトのシステムをどのように構築すべきかについて考えてみたいと思います。早速、いくつかのポイントで整理してみましょう。

Point.1 銘柄ごとの情報ページを基本に

日本酒は銘柄で選ぶことがほとんどだと思います。ポータルサイトの基本単位は銘柄にし、そこにレビューや関連情報を蓄積していくようにしましょう。銘柄は酒蔵の情報に属するようにし、一覧性や検索性を高めます。こうして情報を構造化しておくことで、結果として検索エンジン最適化にもつながります。

Point.2 銘柄認識のアプリ配布も

日本酒のラベルには非常にユニークなものが多く、それだけで銘柄の特定が容易にできるという特徴があります。情報ポータルサイトである以上、ユーザーのレビューを集めることもとても大切です。そのためにはレビューを投稿するハードルを下げる必要があるのですが、その一つのアプローチが、ラベルを撮影するだけで何の銘柄かを特定してくれるスマートフォンアプリの配布です。

これは応用アイデアのため必須ではないですが、丁度QRコードの認識のように、銘柄にカメラを向けるだけで、該当の銘柄のページへ誘導し、そのままレビューが書けるようにしましょう。もちろん、画像認識以外の方法でも銘柄を検索しやすくすることで、情報ポータルサイトを支えてくれるヘビーユーザーが快適にサービスを利用できるようにします。

Point.3 別注品企画など手の込んだ仕掛けを

情報がたくさん載っているだけでは情報サイトとしては勝てない時代になってきました。情報自体は探せばどこででも手に入ることが多いため、いかに自サービスにしかない付加価値を演出できるかにかかっていると言えるでしょう。

ユーザー数がある程度増えてきた段階で、酒蔵とのコラボレーションを積極的に検討してみて下さい。別注品など、ユーザーを巻き込むかたちで企画することで盛り上がりますし、ユーザーの満足度向上にもつながります。こうした企画運営はものすごく手間がかかるのは事実ですが、だからこそ価値があるものでもあります。手の込んだ仕掛けを厭わず、そうした企画に対応できるシステムに設計するのをお勧めします。

深淵なる世界

日本には本当にたくさんの日本酒があります。同種のお酒も含めると、その世界はまさに深淵なるもの。その水先案内人としての情報ポータルサイトは、国内のみならず、国外からも参照されうるメディアに成長する可能性があります。多言語対応等、あらかじめ見越しておくことも事業展開を考えるうえで重要でしょう。成長のためにチャレンジできることは多いに越したことはありません。制限になってしまうシステムではなく、チャレンジを後押ししてくれるシステム作りを、是非意識してみて下さい。

関連エントリー

    関連エントリーは見つかりませんでした