小学校/中学校/高校のIT・クラウド化と学校運営管理システム構築

System

ITから逃げられない時代

小学校や中学校、高等学校のIT環境刷新のニュースを耳にすることも増えてきました。クラウドという言葉が先走るブームも一段落し、具体的なかたちでさらなるIT化を進めようとしている学校法人も多いように感じます。

公立校においてはどちらかというと行政単位での大きな話になるので、あまり実感のない話かもしれませんが、私立校においては裁量が大きい分、どういった方策を選定するかでその後のパフォーマンスが大きく変わる重要問題です。身の丈に合わないコストをかけることも間違っていますし、かといっていつまでも教職員の負担ばかりがかさむ学校運営も考え物です。

今回は、学校法人において、どういったIT・クラウド化を進めるべきか、また、より積極的なIT投資とするために、どういったポイントに気をつけて構築すべきかについて考えてみましょう。

Point.1 生徒の統一評価基盤の構築

学校法人において、管理すべきデータ、やり取りすべきデータは山のようにあると思いますが、一番重要なのは生徒の学習記録ではないでしょうか。中高一貫校になれば、その学習記録をどう継続的にメンテナンスし、担任教師が変わってもスムーズかつ無駄のない指導に反映しなければいけません。紙やエクセルで管理していては運用する側がどんどんと複雑になるばかりです。生徒を中心とした管理システムを構築することで大切なデータを育んでいける体制を構築しましょう。

具体的には、生徒の履修状況や、学習の進捗、担任の評価や保護者とのやり取りを、同じ場所に蓄積し、すぐに参照できるようにします。内部のテスト結果や外部の模試結果なども蓄積できるようにし、内部用の統計資料としてもすぐに応用が可能な機能もつけることで、進学実績等の集計作業も効率化されます。

Point.2 eラーニングの基盤としても

昔から予習復習は非常に大切と言われ、そのことに疑問を持つ人はいないと思いますが、昨今、反転授業やパソコンを利用したeラーニングが急速に普及してきました。学校として現在そういった機能を提供しているのであれば共通のログイン機構で生徒に提供し、学習実績も共通の基盤に蓄積していけるようにしましょう。現時点でeラーニングの提供やITを活用した補習環境がない場合も、将来的な拡張を見越して、生徒向けのログイン機構はあらかじめ組み込んでおくことをお勧めします。

学習領域におけるゲーミフィケーションの活用例も増えてきました。教科担任の力量を磨き、対面での授業の質を高めるのも大切ですが、帰宅後や休日の学習環境のサポートも視野にいれてIT化を考えるのをお勧めします。

Point.3 セキュリティ、セキュリティ、セキュリティ

これから先、IT・クラウド化を考える学校法人が気にすべきはセキュリティです。ちょっとした事件が、学校全体の評判を大きく下げうるリスクを抱えています。教職員のセキュリティ意識を高めることはもちろん重要ですし、継続的な研修や啓発活動を続けていくべきですが、学校運営管理システムにもセキュリティ機構を組み込むべきです。

運営管理システムとして脆弱性をきちんと無くしていくのはもちろん、二段階認証のようなログイン機構を採用するのも一つです。また、場所によりログインを制限したりするなども有効でしょう。必要なセキュリティ要件は学校それぞれですが、最適なセキュリティを模索し、それを実際に高いレベルで実装、運用していくことが重要です。

24時間働く優秀な教職員

残念ながら人間は24時間365日働き続けることはできません。人間である教職員が果たすべき役割はこれからも無くなりませんし、実際の生徒の成長を考えると重要であることは変わりませんが、いかに人間である教職員、生徒を楽にできるか、楽しくできるか、学べるようにするかといった課題の解決には優秀なシステムの存在が不可欠です。

システムと書くと冷たい印象にはなりますが、時に生徒の情報を適切に管理、蓄積し、時にeラーニングを通じて教員にもなる頼れる存在として捉えてみて下さい。eラーニングにしてもまずは自分達で補習動画を撮って保存していくところからはじめるので十分だと思います。大切なのは次の時代を見据えて常に変化していくこと。そのためにもITへの投資を検討してみて下さい。

関連エントリー

    関連エントリーは見つかりませんでした