移動型パン屋/ベーカリーのホームページ及び管理システム開発

System

小麦の香りを運ぶ車

街中にあるパン屋さん以外にも、パンを買う手段は存在しています。最近では通信販売も盛んですが、車にたくさんのパンを積んで街をめぐる移動式パン屋もまだまだ元気です。パンを本部から仕入れ、車一台で開業するフランチャイズ型のパン屋が増えたこともあり、そのすそ野は拡がっているように感じます。

固定出店だと商圏や賃料の問題で身動きがとりにくくなりますが、移動式はそういったデメリットがありません。もちろん一長一短ではありますが、家の近くまで焼きたてのパンがやってきてくれるのを歓迎してくれる人も多いのではないでしょうか。

今回のテーマは、こうした移動型パン屋のホームページやコミュニケーション戦略、管理システムについてです。どういったテーマで構築すれば良いのか、いくつかのポイントで整理してみましょう。

Point.1 予算にあわせて管理方法を設計

移動型パン屋の売りの一つはローコストオペレーションだと思います。その方針をホームページについても徹底するのであれば、TwitterやFacebookだけで必要な情報を発信するという形態が最も身軽でスピーディーに展開することができます。

投稿の更新もスマートフォンから簡単に行えますので、「次はどこに行きます」といった情報をリアルタイムに発信できるのは大きな強みです。写真のアップロードなども簡単ですので、ちょっとした催事や新商品の案内を発信できるのは強みですね。

もう少し予算を組めるのであれば、長期的な資産にするために独自ドメインでのホームページ開設をお勧めします。お店のこだわりや商品紹介など、他のツールに比べると自由度が高くコンテンツにすることができるため、ブランディングやファン作りという意味ではより効果が高まります。出先から更新など、スマートフォンとの連動も同等のレベルで実現可能ですので、Wordpress等の基盤の上に構築すると良いでしょう。

もし開業仕立てであれば、現状はTwitterとFacebookによる情報発信で乗り切りながら、ある程度移動ルートや店を出す場所、ファンがついてきた段階で独自のホームページを考え出すという順番で問題ないと思います。ステップアップで無駄のない投資を行って下さい。

Point.2 メールマガジンに積極的に誘導

移動型パン屋にとって、商圏という概念はどうしても希薄になってしまいます。そのため、いかにお客さんと直接つながり、直接情報を届けられる体制を構築できるかが重要になってきます。そこでお勧めしたいのがメールマガジン機能です。

「小規模なのに必要なの?」と思われるかもしれませんが、小規模でも関係なく効果を発揮します。Twitterでフォローしてもらえばいいじゃないかと思うかもしれませんが、流れの中に埋もれる可能性のあるメディアよりも、メールという形式の方が資産価値は高まります。

買ってくれた人にチラシや声がけをしてメールマガジンへ誘導することで、移動型でありながらより「見込める」独自のファン層を形成することが可能になります。

アナログだからこそ最先端

移動型パン屋という業態自体はアナログビジネスの典型例かもしれません。昔からありますし、別に最新技術の恩恵などなくても運営することは可能です。

そういった業界だからこそ最新技術の活用をお勧めします。それほどの手間をかけなくても24時間宣伝してくれるのがホームページに代表されるツールの便利なところです。最小限の人数で運営する移動型パン屋だからこそ、人間以外の活用できるものは徹底的に活用して下さい。

関連エントリー