ドッグフード製造直販サイト制作及び管理システム構築

System

愛犬のために良い食べ物を

ペットが家族の一員として過ごすようになり長い年月が経ちました。ペット関連市場は大きな成長を遂げ、より細分化されたニーズへ対応すべく様々な商品が登場してきています。その中でもドッグフードは細分化が大きく進んだジャンルの一つではないでしょうか。

アレルギーのある犬でも安心して食べられることをアピールするフードから、大学教授の権威付けと共にその栄養価をアピールするもの、さらには素材の安心感や手作り感をアピールするものまで本当に様々です。

今回のテーマは、こうしたオリジナルのドッグフードを製造し販売している会社の販売サイトや管理システムについてです。どのようなポイントに気を付けて構築すればよいのか整理してみましょう。

Point.1 犬毎のカルテを顧客データと紐付け管理

ドッグフードの場合、購入者は人間ですが、実際の商品を食べるのは犬です。オリジナルのドッグフードの場合、最適な商品マッチングを行う機動力が一つの強みになりますので、顧客カルテを導入するのは必須になるかと思います。そうしなければ広告宣伝で圧倒的に勝る大手ブランドには勝てません。

こうした犬毎のカルテは飼い主である顧客一人一人とひもづくように管理し、購買データや注意事項を蓄積していけるようにします。さらにオーダーメード型の調合が入るドッグフードの場合は、そのレシピ等も蓄積していけるようにすると便利です。

Point.2 定期購入設定と残量設定で便利に

ドッグフードは毎日使い消費していくものだけに、定期購入の導入が便利です。一定期間で自動的に配送される仕組みは、確実にリピート購入を確保したい店舗側と、毎回の買い物の手間を減らしたい利用者の双方にとってメリットのある仕組みです。

よほどの成長期でない限り、一回に食べる量は一定です。そのため定期購入は一定期間をベースに設定することで問題ないと思います。ただ、病気で食が細くなった場合や、違うものを並行して与えていた場合など、いつものペースから乱れることがあります。その時にペース配分を変更できるようにしておくことが重要です。

直販サイトにログインすることで、配送ペースの設定を変更することができるようにします。いつもより何日遅れ、といった設定や、しばらく停止、といった方法まで複数の方法でペース配分を調整できるようにしておきましょう。定期購入のペースを変更したまま忘れてしまう利用者がいることも想定し、一定期間が経過した後にリマインドメールを送る機能を実装しておくと機会損失を防ぐことが出来ます。

Point.3 賞味期限通知メールで一石二鳥

製造直販サイトの強みの一つに、自分達の商品に関する情報を全て持っていることにあると思います。配送した商品の製造日や賞味期限のデータは残っているはずなので、これを販売促進に活かさない手はありません。

前回買った商品の賞味期限が切れる前にリピート購入を行っていない顧客に対して、賞味期限通知メールを送信しましょう。スタッフが手動で送信していると作業量が多くミスも発生するため自動送信する仕組みを整えます。

メール内で賞味期限がもうすぐ来ることを伝えた上で、再購入やプロモーション内容をお勧めする内容を挿入しておきます。もちろん、通知メールの配信を停止するためのリンクも記載しておくことで、こうした通知メールが不要な人のクレームを未然に防止しましょう。

長く愛される商品作りへフィードバック

製造直販の場合、商品力が最も重要になってくると思います。ここで言う商品力は商品自体の栄養価や味といった中心的な価値から、それを提供するサービス、さらにはサポートまでを含む総合的な価値だと思います。

商品自体での差別化も重要ですが、大手ブランドにはできない小回りの効いたサポートやサービスでさらに自分達の魅力を強化することも重要だと思います。システムの力を活用し、より愛されるお店・商品作りを実現してみて下さい。

関連エントリー

    関連エントリーは見つかりませんでした