婚活パーティーイベントポータルサイトのシステム構築

System

ますます一般化する婚活

結婚相手を探す活動を指す婚活という言葉。この言葉がここ数年で一般的な言葉として認知されるようになってきました。出会いを求める男女のニーズは有史以来変わらないものなだけに、そのニーズの強さもうなずけます。

一方で、いざ婚活、というと尻込みしてしまう人や、サクラが怖くて、という人も多いのも事実です。登録すると結婚相手候補を紹介してくれるサービスが積極的な広告出稿で認知を高める中、自分から積極的に動きたい人のための情報が相対的に少なくなってしまっているのも見逃せません。

今回はそんな婚活イベントの情報ギャップを解消するためのパーティーやイベントのポータルサイトをテーマに考えてみます。どのような機能や思想を基にシステムを構築すれば良いのか、いくつかのポイントにわけて整理してみましょう。

Point.1 検索性を高める多彩なタグ機能

たくさんのパーティイベントを登録する中で、地域や対象属性で検索できることはもちろん、対象となる人の傾向や参加予定の人の属性でも検索できるようにします。各イベントごとに自由なタグをつけられるようにシステムを構築し、検索の際にタグに該当するものを表示するようにします。

複数の条件での検索結果はメールやRSS、Twitterでも配信し、好みの情報の追加や更新を手間なくチェックできるようにすることで、イベント参加率の向上を目指します。

Point.2 登録ユーザーが楽しくプロフィール設定可能

どんな人がくるのか、というのは参加者のみならず、参加検討中の人にとってもものすごく気になる情報です。可能であるならばFacebookとの連携機能を設け、顔写真の表示からどういった人かの概略まで、スムーズにわかるようにします。また、Facebookとの連携をしなくとも、顔写真の設定や職業、好みや趣味など、多数の設定項目を設けることで、登録ユーザーに関する情報の充実を図ります。

もちろん、何かしらのインセンティブがないと個人情報を増やしていく方向へはなかなかプロフィールが充実しないので、プロフィール情報の設定具合によって参加費に差をつけたり、特定のイベントに参加できるようになったりと、インセンティブ設計もあわせて行うことも重要です。

Point.3 イベント数充実のための外部開放機能

自社でパーティやイベントを登録管理している限りでは、どうしても数という意味でスピード感溢れる展開が難しくなってきます。そこで旅行代理店や飲食店などとパートナーシップを結び、そういった人達にもイベント情報の登録などが行えるように機能開放を行います。

支払いや参加者管理は集中的に自社で行い、イベント管理等の手間を分散するイメージです。このあたりはどこまで自社単体で行っていくかの経営判断にもかかわってきますが、自社での全国展開が難しいと考えている場合などは、地域別のパートナーシップだけでも十分な効果が見込めます。

安心、誠実の企画、運営こそが出発点

パーティイベントポータルとなると、どうしても登録イベント数という数字にばかり目がいきますが、何より重要なのは参加者満足度です。そして多彩な参加者を集め続けるための精緻な集客プランも重要になってきます。

事業拡大とブランドイメージの向上という二つの目標をバランス良く推進し、イベント数が業界一位のポータルサイトにしていくことができたなら、大きなビジネスチャンスが眠っているように感じます。永く利用されるサイトにするためにシステムができることが山ほどあります。まずはお気軽にご相談下さい。

関連エントリー