後発参入のネット販売

ゼロからのスタート

「競合が売れているようなので、うちもネット販売をはじめたい」というご相談をいただいたのは、古くから造花の問屋業を営まれている会社の社長様から。実店舗での販売の歴史は長かったのですが、ネット販売に関しては全くの手つかずの状況でした。お話をお伺いした上で、社内人材の育成や最小限のリスクでスピーディーに競合の背中を追いかけるために必要な道筋をご提案し、プロジェクトがスタートしました。

人力に依存しない仕組み作り

既に競合が自社サイトや楽天市場で圧倒的な地位を築いていたため、後発参入としての戦略をしっかりと構築する必要がありました。幸い、長い歴史とメーカーとの関係性から、仕入れ値では負けていなかったため、売れる商品の充実と少人数で効率運営を掲げ、仕組み作りを開始しました。仕組みが無くても最初の内は何の問題もないことが多いですが、注文量や商品数が増えてくると急激に現場が回らなくなり、採算性が悪化していきます。後発参入だからこそ、予期しうる事態には備えた上で攻めることを選択しました。

後発だからこその独自システム

プロジェクトスタート時はコンサルタントという立ち位置での契約でしたが、戦略上独自システムが非常に重要な役割を担うため、システム面も一括して対応。このあたりは当社の総合力が活きる場面のため、スピーディーかつ的確に仕様を定義し、コンサルティング活動と並行して構築を進めていきました。通常であれば人力で対応するような商品管理や在庫管理も徹底的にシステムが自動で行うようにし、ITにそれほど強くない担当者でも数千、数万の桁の商品数を管理、更新していける体制を構築することができました。

システム、デザインすらもPDCAのサイクルに

プロジェクトがスタートして数ヶ月後、楽天市場店がオープンしネット販売がスタート。オープンすることがゴールではもちろんないため、細かい戦術レベルの話から大きな戦略面の話まで継続的に支援を実施。オープン時には投入できなかったブランドの商品を追加しながら、競合の背中を追いかけている最中です。ネットショップ管理ツールは数有れど、どれも汎用性を担保するために痒いところには決して手が届きません。最初の構築コストは多少かさみますが、自社の状況にあわせてシステムやデザインも変えていけることが長期的な強みになっていくのは間違いありません。