お洒落診断とバズ設計

集客ツールとしてのお洒落診断

「ファッションセンスを診断する仕組みを作って欲しい」というご相談をいただいたのは、ファッションスタイリングサービスを提供されている会社の社長様から。自社のサービスをより多くの方に知って欲しいという狙いから、ファッションセンスを診断するシステムにご興味をお持ちでした。ヒアリングを通じて、プロモーションという目的が明確だったため、ソーシャルメディアでの拡散も加味したご提案を行い、プロジェクトがスタートしました。

あれもこれもをそぎ落とす

先方にデザイナーがいらっしゃったため、その方に診断サイトのデザインイメージを作って頂くかたちでプロジェクトが進められました。その過程で、「こういう情報を載せたい」「このページへの誘導リンクを置きたい」といった、提供者都合が強すぎるデザイン案が出てきた際には、その都度本当にそれが必要なのかを議論し、本来の拡散という目的にマイナスの影響の方が大きいと判断される場合には変更をお願いしました。依頼内容や渡された資料をそのまま受け入れるのではなく、あくまで結果志向で細部にこだわれるかどうかがこうしたプロジェクトの成否を左右するためです。

アルゴリズム開発も精緻に

質問への回答を基にファッションセンスを診断するWEBサイトだったため、診断アルゴリズムの開発も必要でした。先方に原案となる考え方はあったものの、複数の軸での評価が重なったときにどうするかなど、手探りの場面に関しては調整に調整を重ねて独自に開発していきました。最終段階ではベータテストとして知人ベースでテストを重ね、診断結果に問題がないことを確認出来た後、正式リリースとなりました。

ソーシャルボタンをつけて終わりではない

最近はTwitterやFacebookなどのソーシャルメディアでの拡散を狙うことが当たり前になってきましたが、そういったサービスへのリンクやボタンをつければ拡散するというほど簡単なものではありません。あくまで「他の人にも伝えたい」という気持ちが芽生えるようなサービス設計をすべきで、そのためには企画段階から徹底的な議論を重ねることが重要です。診断サイトが完成した後は先方の要望により、受け手となる本体サイトのリニューアルが進行中です。プロモーションという大きな視点で見たときに、一段上の視点でプロジェクトを設計できるかが重要だと改めて実感した事例でした。