世界観溢れるデザイン

圧倒的な世界観とこだわり

プリザーブドフラワーを使用したブーケ・アレンジの専門店オープンに際して、ロゴの作成から店頭で配布予定の印刷物の作成・手配まで、総合的に手伝って欲しいというご相談をいただいたのがきっかけでお店を訪問。当時はまだ未完成の店舗ながら、作品に込める想い・こだわりはとてつもないものだと感じました。この世界観をいかにしてデザインに落とし込むか、世界観を100%以上表現するべく、デザイン制作のプロジェクトがスタートしました。

デザイン性と識別性の両立

まず着手したのが、お店の顔となるロゴマークの制作でした。店先看板への表示や各種印刷物、さらにはWEBサイトにまで随所に登場する最重要イメージ。美しいことは重要ですが、「その店が何屋さんか」が一目でわかる識別性も、実店舗の場合とりわけ重要になってきます。
実際の制作では、お店のシンボルとしてバラのブーケ、さらにその下に店名を配置し、細かすぎない程度に装飾を施しました。上品でいてかわいくもある絶妙なバランスが好評を得ています。

世界観を壊さない販売促進の追求

お店のオープン後は認知度向上のために、断続的に販促ビラを近隣に配布。そのビラの制作も行いました。毎回訴求するポイントを少しずつ調整し、また、情報の量・質共にしっかりと伝えながらも、決して下品にならないよう、最大限の配慮を行いました。また並行してショップカードやパンフレット、スクールの案内などのツールの制作・手配も確実に進め、お店としての土台を構築していきました。

プリザーブドフラワーという嗜好性の非常に高い商材のため、WEBサイトを重要な情報発信の場として設定し、オープンにあわせて制作・公開を行いました。日々のアレンジ作品やお店での一コマを簡単に発信できるよう、CMS(コンテンツマネジメントシステム)を採用。スタッフの方への導入も併せて行うことで、継続的に情報発信できる体制を整備しました。