「話がわかる」理由

私たちは
「話がわかる」
会社です。

「話がわからない」があふれる業界

誰か何かを依頼したとき、あなたの意図を正確に伝えるのに苦労した経験はないでしょうか。打ち合わせの時は問題ないように見えても、少しの誤解がやがて大きな歪みとなり「こんなはずじゃなかった」と後悔するというのもよく聞く話です。「伝え方が悪い」と言う人もいるかもしれませんが、私たちはそうは思いません。専門外のことをわかりやすく伝えるのはそもそも限界がありますし、そこに貴重な時間を浪費すべきではありません。理解する努力をすべきは、依頼される側だと考えます。

とはいえ、私たちのような会社の多くは「話がわからない」のも事実です。例えばビジネス知識の乏しい新人が担当になっていたとしたらどうでしょうか。ベテランではあるものの、その領域が狭すぎる場合はどうでしょうか。また、人としては優秀だが、癖が強すぎる、というのもどうでしょうか。

「話がわかる」ということはとても基本的に見えますが、知識、経験、コミュニケーション能力すべてが求められる、とても難しいことだと思います。机上の空論では戦えないほど、現実世界は複雑で、無知はもちろん、思い込みも邪魔をしてきます。具体的にイメージする力、経験がなければ、依頼内容を正確に理解することすらできません。

同じ目線、同じ解像度

あなたが今抱えてる事業やプロジェクトの悩みが「うまく相手に伝わらない」と思われたことがあるとしたなら、私たちに是非ご相談ください。私たちは小さな会社ですが、経験豊かなスタッフの集まりです。自社でのネットショップ運営、システム運用、商品開発やデザイン、販売促進の多方面で、時に歯ぎしりもしながら試行錯誤を繰り返してきました。経験というのはマーケティングやデザイン、システム開発のものだけではありません。自社事業でのビジネス開発や業務効率化、こうした活きた経験を積んできていることが他社との大きな違いです。

よく、百聞は一見にしかずと言いますが、ビジネスの世界では、その一見を積み重ねた百見すら、一度の挑戦や行動で得られるものに比べれば微々たるものです。本気で取り組むからこそ得られる知見やノウハウに勝るものはありません。こうした実務ノウハウがあるからこそ、同じ目線、同じ解像度で課題にとりくむことができ、背景にあるご事情などにも想像力を働かせることができます。こうした過程を経てこそ、課題解決に資する、鋭いご提案を作成することが可能なのです。