店舗用事前決済、取り置きシステムの開発

System

回転数の引き上げ

店舗の売上げは、どうしても店のサイズと回転数に依存してしまいます。この状況を打破するためにテイクアウトの活用が望まれるわけですが、テイクアウトや取り置きの顧客もレジ精算に加わってしまうと、今度はレジがボトルネックになり、顧客満足度を大きく下げてしまいます。

この状況への有効なアプローチの一つとして、テイクアウトや取り置きの顧客に事前決済をお願いするという方法があります。この方法を実現するためのシステム開発はどのようにあるべきか、いくつかのポイントで整理してみましょう。

Point.1 ネットショップの転用はしない

なんとかしてレジの手間を軽減したいという考えから、既にネットショップを転用して、事前の決済をお願いしているお店もあると思います。コストや導入のスピードという点では有効ですが、利用する側からすると、住所の入力まで必須になっていることが多く、使い心地が良いものではありません。結果的に利用率が上がらず、ほとんど使われていないケースが多いのではないでしょうか。

どんな売り方をしても人気殺到のお店であればいいのですが、機会損失が大きすぎます。取り置きの決済であれば住所は不要です。名前と携帯番号、何より決済が正常に行われていることが確認できればそれだけで十分なはずです。専用のシステムにして必須項目を絞り込むことで、「使ってもらえる」仕組みに進化させることができます。

Point.2 支払い手段は客層にあわせて十分に

支払いを済ませるかどうかが、取り置き業務の効率性を大きく左右します。事前に決済が行えるようにシステムを準備すべきですが、支払い手段は客層にあわせて豊富に準備すべきです。

クレジットカード払いは全世代共通の当然のものとして、amazon paymentやLINE Payなど、時代の変化にあわせて対応すべき支払い手段を検討してみてください。支払い手段でひっかからないように、9割以上の想定顧客が利用できる状態を目指しましょう。

Point.3 取り置き確定を自動で出力

取り置き機能ために、人を1人貼り付けておくのは効率が悪すぎます。かといって店頭のパソコンで逐一取り置き状況を確認するのも手間がかかりますし、取り置く前に品切れてしまったという事態もあり得ます。

まず、担当者がスマートフォンを持っているのであれば、それに対してプッシュ通知としてショートメッセージ等を飛ばす方法が考えられます。また、プリンターと連携させ、取り置きが確定した時点で取り置き表を印刷してしまうのも有効です。プリンターに紙があるかどうかをチェックするだけで済むので、現場のスタッフの負担も最小限にすることができます。

お店のサイズ以上の売上を

取り置きのスムーズさは、店にとっても顧客にとっても嬉しいことです。レジの行列、店に入るための行列、こういったストレス源を劇的に無くすための解決策として、取り置きシステムの導入は非常に有効です。

店舗のサイズや扱う品物、客層はもちろん、どのように引き渡すまで含めて、検討すべきこと、見なおすことができることは無数にあります。取り置き改善を契機に、店舗運営改善をおしすすめてみてください。

関連エントリー