紙袋/手提げ袋、OEM製造・販売会社のホームページ制作

System

ブランディングの時代

環境保護の意識が高まることで、エコバッグが大きく普及しました。同時に、ショップの袋は二極化が進み、エコをアピールする路線と、ブランディングを強く意識したものにわかれてきています。

紙袋は街中での宣伝ツールであり、その重要性は今も昔も変わりません。むしろ、写真によって物事が拡散する今、改めて注目されている販促ツールとも言えます。

今回は、こういった紙袋、手提げ袋の企画製造やOEM、販売を行っている会社のホームページ制作について考えてみましょう。

Point.1 写真、写真、写真

街中で見かけたことはあれど、「こういう加工がしたい」というものは、よほど袋作りに詳しくない限り知らないことばかりです。過去の製作事例にあるような加工は一つ一つ写真で解説し、どういったことが可能で、どういった仕上がりになるのかのイメージを持ってもらえるようにしましょう。

また、自社では製作事例がないことでも、技術的に対応できるのであればのせるのをお勧めします。たとえそのサンプルを作るのにコストがかかったとしても、加工技術指定で探している見込み客へのアピールになりますし、たくさんの技術をもった会社というアピールにもなります。

Point.2 スピード感をアピール

製作までの流れ、といったページを設けることは一般的と思いますが、そこに掲載されている日数は本当に適切でしょうか。

クレーム回避のため大きな日数を設定し過ぎているとしたら、大きな機会損失があるかもしれません。タイムイズマネーではないですが、納期重視で探している見込み客にとって、ある程度の間隔があるとはいえ、長い納期が設定されているところは候補からはずされがちです。

日数を詰めるのが難しければ、「お急ぎ納期も対応します!」といったアピール文言を入れる等の対応で、スピード感をアピールしてみてください。

Point.3 手軽にサンプル請求を可能に

使える紙、加工の精度、そういったものを確認するにはサンプルを見てもらうのが一番です。サンプル自体にもお金がかかりますし、郵送料がかかるためにサンプル請求に非常に多くの必須項目を設けているとしたら、少しでもその必須項目を減らせないかを検討してみてください。

また、余計な営業はしません、という文言を追加することで請求率が向上する場合があります。サンプルが到着した頃合いをみてのフォロー電話だけの旨を記載し、のちのちDMが送られてくることがないということを約束してあげるのも一つです。

当たり前を突き詰める

以上のポイントはどれも当たり前のことばかりです。ですが、その当たり前は、リスク回避の発想の中でないがしろにされがちなのも事実です。見込み客のフォローにかかるコストは広告宣伝費です。ここをけちらず、気持ち良く取引がはじまるような、攻めたホームページにできないか、ぜひ検討してみてください。

関連エントリー