本/書籍レビュー・口コミ・読書ログ投稿システム構築

System

息をするように読む

読書の価値が改めて見直されています。読書習慣のある人とない人で生涯年収に差があるだとか、様々な研究がなされていますが、その研究結果を待たずとも、読書が人生を豊かにするということに反対する人はあまりいないのではないでしょうか。小説や実用書、そのジャンル的な好みはあれど、人類が培ってきた知や美を簡単に得られるエンターテイメントとして、読書が今後も愛され続けていくことは想像に難くありません。

息をするように本を読む多読家の方向けに、インターネットを活用したサービスが多数登場しています。読んだ直後の感動や学びを書き留めるサービスとしてレビューや口コミを投稿するサービスが人気を博していますが、今回はこうしたサービスのシステム構築について考えてみたいと思います。早速、いくつかのポイントで整理してみましょう。

Point.1 スマホ入力に便利な機能を実装

本当にしっかりとしたレビューを書くのであればパソコンからかもしれませんが、お気に入りのカフェなどで本を読んで、そのままカジュアルに読書ログをつけていくのであればスマートフォンでのメモが便利です。こうした出先入力を簡単にするために、スマートフォンでの入力に便利な機能をできるだけ多く用意しましょう。

例えば、スマートフォン内蔵のカメラでバーコードを撮影すると該当の本を自動的に呼び出してレビューが書けるようにしたり、書籍の表紙画像を自動で設定してくれたりといった機能を用意するだけで、とても便利になります。他にも読書家が欲しいような細かい機能もあると思いますので、そのあたりは自社内や、ターゲットユーザーへのヒアリングを通じてしっかり吸い上げるのも良いでしょう。

Point.2 視角化で楽しく

読書のように、淡々と積み重ねていくものは、その積み重ねが視角化されることがさらなるやる気につながります。グラフ化、バッジ付与、色々なやり方がありますが、ほどよいゲーム性がキーワードになります。

あまりにゲーミフィケーションを追求してにぎやかでうるさい、いわば煽りすぎるサービス設計にするのは危険です。読書ログという性質上、適正なレベルというのはソーシャルゲームとは違う位置にあるはずです。レビューの数やジャンルのカバー度、他のユーザーとの簡単な比較等、あくまで控えめなレベルにとどめるのが良いのではないでしょうか。

Point.3 提案での拡がりが肝

自分が選んだ本を自分が選んだペースで淡々と読んでいく、そういった人に便利なサービスであることは絶対条件ですが、せっかく多数のレビューが集まるのあれば、そのデータを活かして、もっと読書体験がおもしろくなるような提案機能を積極的に実装していきましょう。

わかりやすい例であれば同様の好みを持ったユーザーがどういったものを他に読んでいるかといったお勧め機能が考えられます。他にも新刊の情報が的確に届いたり、読んだ後の本をリセールするのに便利な機能があっても良いでしょう。読書体験はまだ見ぬ良書との出会いで加速します。そういった良書との出会いも含めて提供できるサービスを目指してみて下さい。

一人のエンターテイメントが拡張する体験

読書は今も昔も一人で楽しむエンターテイメントです。ですが、インターネットの活用により、そのエンターテイメントが拡張しつつあります。

読みたい本との出会い、また、同じような興味を持った人との出会い。従来の読書体験では考えられなかったよう展開がまだまだ考えられるようになってきました。単なる記録を残すためだけのサービスを超えた、読書体験を新しい次元に持って行くようなシステム・サービスを構築してみて下さい。

関連エントリー

    関連エントリーは見つかりませんでした