農業法人/農家の農業/農産物生産/生育管理システム構築

System

農業に押し寄せるIT化

ITは私達の暮らしや経済活動を便利なものにしてくれていますが、そのIT化の波が農業にも押し寄せています。既に先進的な取り組みを行っているところでは、各種のセンサーと組み合わせた高度な農業工場のような仕組みを構築しているところもありますが、そこまでのIT化はまだというところがほとんどではないでしょうか。

タブレットを使ってメールをチェックするだけではとてもとてもIT化とは呼べません。シンプルながらも効果のあるシステムを利用することで、生産高の向上を実現しているところも出始めています。

今回はこうした農業という事業領域において、どのようにシステムを活用すればITという武器をわがものにできるのかについて考えてみたいと思います。早速、いくつかのポイントで整理してみましょう。

Point.1 日々の記録は自動化

日々の状態管理のため、また未来のためのデータ蓄積として、農業生産にかかわる指標を記録していると思います。こうした日々のルーティン作業は、出来る限り自動化しましょう。

例えば天気や気温といったデータは、各種センサーと連動することで自動的に記録することができます。また、土壌分析も頻度高くやっているのであれば、そうしたデータも同じシステム上に蓄積していくことも一つでしょう。こうしたデータを最終的にできあがった作物の糖度や仕上がりデータと比較することで、何が良かったか、何が悪かったかといった、より良い作物のための分析を行うことが可能になります。

Point.2 攻めの販路開拓に対応

これからの農業法人は、農協とだけ取引するのではなく、自分達で販路を開拓し、レストランのような業態と直接取引することもあると思います。こうした場合の取引に紙やFAXを用いていてはどんどん事務作業ばかりが増えていってしまいます。そのために事務員を雇うのではコストアップですので、顧客管理もシステムでできるようにしましょう。

取引先の情報をシステムに登録できるようにしておき、売掛金の管理や、さらには入金状況も自動でチェックできるようにしておくと最高です。そこまで自動化しなくとも、日々の印刷物や郵送業務を軽減するための工夫はいくらでも行うことができます。これからは攻めの販路開拓が求められる時代。システムもその攻めをしっかりサポートできるように構築すべきです。

Point.3 タブレットやスマホ前提のインターフェース

日々の業務でシステムにアクセスする際に、椅子に腰掛けてパソコンを開く、というシーンのほうが珍しいと思います。畑や出先でということがほとんどではないでしょうか。システムの画面インターフェースはタブレットやスマートフォンでの使用を前提に構築し、外の環境下でも使いやすいように画面構成も調整すべきです。

パソコンを前提につくられた画面インターフェースはタブレットやスマートフォンようなモバイル端末では操作しにくい場合がおおく、また、強い日差しの元ではとても見にくい色使いがなされている場合もあります。こうした地味な最適化は、毎日使うものだからこそ、重要になってくると思います。

農業と経営

強いところが生き残る。これは弱肉強食が意味するところではありますが、全てのビジネスでも当てはまる真実ではないでしょうか。農業も例外ではなく、漫然とした経営ではなく、攻めの経営が求められているのは疑いようもありません。

個性ある品種開発や、無農薬などのこだわり等、できることはたくさんあります。ですが、そうしたどちらかというと商品開発に関する部分ばかりに目がいきがちですが、経営とは商品以外のことも含む総合力が問われる勝負です。

自分達の農産物をいかに品質高く、効率よく生産し、より高く販売できるか。そのためにシステムが担える役割というのは必ずあり、大きなものと思います。これから求められる農業のIT化、攻めの経営に、是非システムの活用を検討してみて下さい。

関連エントリー

    関連エントリーは見つかりませんでした