社交ダンス教室/スクールのホームページ制作及び管理システム構築

System

社交と趣味の場

社交ダンススクールは縁遠く思いますが、都市部には点在し、講師と生徒を中心とした経済圏を形成しています。講師は現役のプロであることも多く、そうした活躍に憧れて門を叩く人や、学生時代に社交ダンスを経験した人達が再びといった場合もあるようです。

フィットネスクラブと比べるとどうしても初心者にはハードルが高く感じます。ペアで行うことがある程度前提になるだけに、一人での参戦に躊躇するのも無理はないかもしれません。とはいえ、こうした事情を払拭してこそ、新しい生徒の獲得につながるのだと思います。

今回のテーマは、こうした社交ダンス教室のホームページ制作と管理システムの構築についてです。どういった工夫を施せば有効活用できるホームページになるのか、いくつかのポイントで整理してみましょう。

Point.1 プロであると同時に人間

社交ダンス教室の顔といえば、講師です。どういった大会で優勝したとか、プロとしての実績を多く掲載しているところは多いのですが、その人の人となりを充実して記載しているところは少ないように感じます。

プロとしての印象ではあまり人となりが分からないぐらいがいいのかもしれませんが、教室に興味がある人にとっては、実績以上に相性が心配になります。これがもし、共通の話題や趣味がありそうであれば、ぐぐっとその不安を低減することができるのではないでしょうか。

とはいえ、馬鹿なことを書けというわけではありません。10の質問というかたちで講師全員に共通の質問をして、考え方や好きなものをあぶりだすのでもいいでしょうし、講師一人一人がブログを順番に担当し、日常を写真やコメント付で紹介するのも効果的でしょう。大切なのは情報を隠さずに公開してしまうことと肝に銘じ、積極的な情報発信を心がけて下さい。

Point.2 基本的なレッスンを公開

教室に通おうかと検討している人の内、特に初心者にとっては、どのようにレッスンが進んでいくのかも不安になります。こうした不安を払拭するために、レベル別に日々のレッスンがどのように行われるかを写真付きで紹介しましょう。

申し込みから初めてのレッスンまでの流れが透明化されることで、事前に教室に通っている自分の姿をイメージすることができます。事前にイメージしてもらえることで不安を軽減することもできますし、当日の受け入れ側の負担も減る効果が期待できます。

Point.3 Wordpressでコンテンツ管理も統合

ホームページの土台はWordpressで構築しましょう。低コストで便利なサイト管理の仕組みが手に入りますので、ほぼ一択と言ってもいいと思います。ブログ機能との統合も簡単ですので、ホームページ+ブログという運用にも最適です。

また、レッスン動画やコンテスト動画など、教室の関係者だけに公開するための場としても使えます。投稿単位でパスワードをかけることができますので、一般には公開したくないけどインターネットで共有したいというニーズにも対応することができます。

エレガントかつ積極的に

社交ダンスがそうであるように、社交ダンス教室のホームページはエレガントであるべきです。デザインはもちろん掲載されているコンテンツでもそうあるべきですが、そのトーンを保ったままで、情報発信の量はできるだけ多くするべきです。

情報発信の量が増えることで失うことよりも、得ることの方が圧倒的に多いと思います。新しい生徒の獲得と既存の生徒の利便性向上の両方に通じるホームページを目指してみて下さい。

関連エントリー