駐車場管理会社の情報サイト及び業務管理システム構築

System

駐車場ビジネスも群雄割拠

街を歩いていると、たくさんの駐車場/パーキングがあることに気付きます。見慣れた大手チェーンのものから、初めて見るような名前のところまで、大小様々な会社が駐車場サービスを行っています。

車を停めるという基本的な価値の部分ではどうしても差異化しきれないため、立地勝負や価格勝負になりがちです。大手に知名度の劣る中小チェーンの場合は価格勝負になりがちなことも多く、その価格を実現できる効率的な運営が必然的に求められます。

今回のテーマは、こうした駐車場管理会社、駐車場チェーンの管理システムについてです。どのような機能を実装すれば、大手競合に比しても負けないレベルの効率運営を実現できるのか、いくつかのポイントで整理してみましょう。

Point.1 事前調査に露出する情報サイト構築

自動車を運転しながらの駐車場探しは瞬間的な判断になるため、自分達の良さをアピールしきれない場合があります。見慣れた大手チェーンにとりあえず停めておこうと考える人も多く、現場での勝負になると不利な部分があります。

その一方で、車の移動の際に、事前に駐車場の有無を調べることが珍しくなくなってきました。パソコンが普及したのもありますし、スマートフォンでちょっとした隙間時間に調べられるようになったというのも大きいと思います。

こうした事前調査の際にきちんと自社の駐車場スペースの存在をアピールすることができれば、指名駐車も期待できますし、現場での戦いにも多少プラスに働くことが予想されます。情報発信をするにこしたことはありませんので是非取り組みましょう。

いわば一度作れば無料で働き続ける営業マンを雇うような感覚です。もちろん、情報登録の手間は多少発生しますが、駐車場の位置と画像、価格を掲載するだけでも十分です。スタッフのアピールコメント等があると尚良しです。地図上に駐車場のアイコンを重ねるかたちで表示し、自分の目的地から近い駐車場を効率的に探せるようにします。スマートフォンからの閲覧にも完全対応させます。

駐車場情報は自社のサイトで検索できるようにしておき、検索エンジンにも掲載されるように各駐車場ごとを1枚のページにしておきます。また、Googleマップへの情報登録もあわせて行うようにし、インターネットで調べる人への露出を少しでも高めましょう。もし、駐車場に設置している機械が駐車場の空き状況を通信できるものであれば、現在の空き状況も確認できるようにします。それが無理であればおおよその混雑予測などを掲載しておくのも良いと思います。

Point.2 巡回スタッフの現場対応力をUP

複数の駐車場を運営していると、駐車場スペースの保全や集金のために巡回スタッフが必要になってきます。通常の際は何も問題ありませんが、機械の調子が悪い場合や一人では何ともしがたい事態が発生した場合には大変です。

不測の事態の度に本部とやりとりしながら問題の解決にあたるのもありですが、それでは本部のスタッフが同じ時間拘束されてしまいます。機械などは納品した会社に問い合わせることが可能ですし、マニュアルである程度の対応が可能です。

こうした機材のマニュアル一式や、不測の事態の問い合わせ先や対応方法などを記載したマニュアルをタブレットやノートパソコンで持ち出せるようにしておき、そのまま現場でたいていの問題が解決できるようにしましょう。

たかが場所貸し、されど場所貸し

駐車場というスペースを貸し出す性質上、駐車場ビジネスは場所貸しのビジネスモデルです。よほど立地がよければ待っているだけで何もしなくても収益をうむビジネスですが、価格競争あり、知名度競争ありでマーケティングの要素無しには戦っていけない時代が来ているようにも思います。

限られた経営資源をマーケティングに投資するためにも、余計な時間、余計なコストを削減する必要があります。システムを活用することで可能なアイデアはまだまだあると思います。駐車場ビジネスに役立つシステム導入を是非検討してみて下さい。

関連エントリー