同窓会開催支援/コミュニティサイトの管理システム構築

System

つながりを再確認する場

時間の経過によって人は変わります。昔はたわいもない話をしあっていた友も、社会に出て、家族を持ち、全く違う人生を歩んでいる中で変化をしていきます。そうした変化した部分と変わらない部分を感じ、改めてつながりを再確認する場が同窓会なのだと思います。

早ければ20代のうちから、それ以降はずっと、規模の大小はあれ開催されることが多いようです。声がけ係の影響力の強さにもよりますが、一度ぐらいは何かしらのかたちで開催されたことのある人も多いのではないでしょうか。

今回のテーマは、こうした同窓会の開催を支援するコミュニティサイトの管理システムについてです。どういった機能を実装すればユーザー体験が向上するのか、いくつかのポイントで整理してみましょう。

Point.1 MLや名簿管理などトータルで提供

同窓会を開催するとなると、たくさんの準備が必要です。参加者確認をしないといけませんし、当日の受付から代金回収まで行う必要があります。

こうした一連の作業をスムーズかつ簡単に行えるよう、役立つ機能を実装しましょう。連絡を行うためのメーリングリスト機能はもちろん、同窓会の出欠管理が可能な申し込み管理機能、さらには当日の受付名簿を簡単に出力する機能など、かゆい所に手が届く機能を一通り揃えることが重要です。

さらに機能を充実させるのであれば、参加費を事前に徴収できるような決済システムを組み込むことも可能です。運営元の会社を経由させると会計的にややこしくなりますので、とりまとめ役のPaypalアカウント等に転送するような設定で実現するのが現実的のように思います。

Point.2 Facebookアカウントでもログイン可能に

同窓会コミュニティサイトである以上、何かしらのユーザー登録を行ってもらう必要があります。メールアドレスやニックネームを登録する通常のユーザー登録に加えて、Facebookのログイン情報を用いて認証できる機能を実装しましょう。

他にもTwitterやGoogleなど、様々なWEBサービスが外部認証の機能を提供しています。こういったサービスでアカウントを持っているユーザーは、ユーザー登録無しにログインできるようになりますので、登録へのハードルが劇的に下がります。全部に対応する必要はありませんが、Google、Facebook、Twitterあたりは抑えておくのをお勧めします。

Point.3 学校・年度ごとのページを生成し、SEO対策

同窓会コミュニティサイトを一般的な設計で構築すると、完全にクローズドなサイトになってしまいます。コミュニティの中はもちろん閉じている必要はありますが、見込み客開拓のためには大きな機会損失をしてしまいます。

そこで、学校データをあらかじめ準備した上で、学校ごと、年度ごとに専用のページを生成します。そのページにはログイン無しにアクセスができるようにし、最新トピックのタイトルや何人のメンバーが参加しているか等を確認できるようにしておきます。そしてページ内のリンクをクリックすると初めて認証が求められると共に、サービスの説明を掲載し新規ユーザー登録を促すという仕掛けです。

何気なく検索してやってきたユーザーへのアピールになりますし、何より学校・年度ごとにページを生成することでロングテールの集客につながります。

集まる機運を邪魔しないシステムを

同窓会を開催するにはものすごいエネルギーが必要です。参加者一人一人もそうですし、幹事役の人達のエネルギーが何より重要です。

こうした幹事役を中心とした参加者のモチベーションを邪魔せず、むしろ高めるための仕組みが随所に必要です。機能を徹底的に充実させ、ストレスを軽減することが王道であり最善の施策ではないでしょうか。

関連エントリー