ソーシャルチケットサービスサイトのシステム構築

System

イベント管理、チケット販売のスタンダードへ

アメリカのTicketflyに代表されるソーシャルチケットサービスがじわじわと認知度を高めています。旧来のオンラインチケット販売サイトよりもソーシャルメディアとの連携に力を入れ、チケットを持っているイベント運営者側がプラットフォームとして使い、簡単にチケットを販売できるようにしているのが特徴です。

大手チケット販売サイトにできないような魅力あるニッチイベントを多く集め、イベントを開き収益をあげたい人のチケット販売プラットフォームとなることができれば、大きなビジネスチャンスを持った市場と言えるでしょう。

今回のテーマは、このソーシャルチケットサービスを構築、スタートするのであれば、どういったポイントに留意すべきかについてです。いくつかのポイントにわけて整理してみましょう。

Point.1 言わずもがな、ソーシャルメディアの活用は必須

イベントには一人で行くのも楽しいですが、大勢いても楽しいもの。イベントへの申し込みや、イベント自体の情報を簡単にソーシャルメディアで拡散できるように、ショートカットリンクや投稿を促す導線設計を行います。

また、サービスのログインもFacebookアカウントで可能なようにし、登録の手間を減らすと共に、ユーザーがソーシャルチケットサービスを利用しているということがうまく拡散できるように配慮します。

Point.2 決済の柔軟さと信頼性

自前の決済手段を投入するのはもちろん、Facebookなど、ユーザーが既に利用しているであろうサービスの決済APIを利用することで、支払いに対するハードルを下げます。こうすることで「よくわからないサービスにお金を払う」という不安を払拭することができます。

また、決済手数料を低く抑えられるように決済会社を選択することで、ビジネスモデル全体の利益率を改善します。

Point.3 チケット提供側への豊富な機能提供

ソーシャルチケットサービスの肝は魅力的なイベントがどれほど登録されているかです。そしてそのイベントを増やすためには、イベント運営者側を取り込まなければいけません。

決済手数料を含めた費用を低く抑えられるように仕組みを構築するのはもちろん、自分達ではできない充実したプロモーションができるようにシステムを構築します。

具体的には、独自のイベント宣伝ページを簡単に編集できる機能を提供したり、興味を持っているユーザーに対してメールマーケティングなどの手段をとれるようにしたり、提携している各サイトにイベント情報が広く配信されるようなサービスを提供したりと、システム面の努力と営業面の努力で、イベント運営者側へのメリットをどんどんと向上させることができます。もちろん、最初の立ち上げの苦労は増えますが、一度構築してしまえば大きな競合優位につながります。

Point.4 現在地検索など、検索の精度UPと多様化

イベントの数が増えてくるに従い、イベント情報が探しにくくなっては本末転倒です。地域ごとやジャンルといった区分けで探すことはもちろん、スマートフォン利用者を想定した現在地検索などの機能も組み込み、思いがけないイベントとの出会いを加速させます。

同時に、注目のイベントや申込者数の多いイベントなど、自動、半自動で提案表示を行うことで、サイト内での回遊性を高めるとともに、リピート率や申し込み率を高めることも可能です。

まずは利用してもらうことに全力を

こういったプラットフォームビジネスは、一度デファクトスタンダードになってしまえば収益化はいくらでも考えられます。どれだけのイベント運営者を巻き込み、ユーザーを確保できるか、その勝負に勝つことにまずは集中すべきです。

短期的には収支面が厳しくとも、ユーザーを増やし利用数を増やしていくことが何より重要です。KPIをうまく設定し、そのKPIがすぐに確認できるような運営側の管理機能も充実させることで、適切な舵取りが可能になっていくはずです。

ベンチャー企業の新規ビジネスとしても、チケット販売に関わる企業の新規事業としても、何かお手伝いできることがあるかもしれません。まずはお気軽にご相談下さい。

関連エントリー