地域ポータルサイトのシステム構築

System

地域住民のコミュニケーションハブとして

今回のテーマは地域ポータルサイトを新規立ち上げもしくは大幅リニューアルするというもの。行政やNPO、企業によるインターネット利用の施策として一時期はブームのようになった地域ポータルサイトですが、閉鎖したものが多く、継続しているものも風前の灯火のようなサイトも多いのではないでしょうか。

この3年でインターネットを取り巻く環境は大きく変わってしまいました。情報を提供しさえすればよかった時代から、コミュニケーションをデザインし、自律成長するメディアの仕組みを構築しなければ永く続かない時代になったと言えると思います。

今、この時代に地域ポータルサイトを作るとしたらどういったポイントが重要か考えてみましょう。

Point.1 参加者の声や交わりのコンテンツ化

ブログが一世を風靡した頃から、ユーザーが投稿するコンテンツをうまく活用するサイトが多くなってきました。それをもう一段階進め、Twitterなどに代表されるリアルタイムメディアを地域ポータルサイトのコンテンツとしてうまく取り込みましょう。

単純に関連するツイートを掲載するといった初歩的なものから、お店単位やイベント単位、観光スポット単位でツイートやチェックインをまとめ、そこで擬似的に会話や口コミをまとめて表示することも可能です。

そこに参加しているユーザーにとってはコミュニケーションを行う楽しみがありますし、何よりTwitter等にアカウントを持っていれば、また別に会員登録をする必要がないので参加するハードルが下がります。また、地域ポータルサイトに新しく訪問してくる人たちには生の声としてとても重要な情報源になります。

どうしてもこういう口コミを取り込む段には「荒れる」という懸念が先に走ってしまいますが、その場合はFacebookなどの実名メディアに限定してしまうなどの対応をとることも可能です。

Point.2 登録型と編集コンテンツのバランス

地域ポータルの一つの目玉機能が、地域のお店やサークルに宣伝する場を提供するというものです。システムとしてどんな人でも迷い無く情報登録ができるようにすることで参加者の裾野を拡げます。また、RSSやメール配信、Twitterでの配信など、登録された情報や新着情報を
様々な手段で提供することで、受信する人の裾野も拡げます。

そういった運営側の手間がかからない登録型のコンテンツの一方で、訪問者の満足度を高めるためには編集コンテンツも必須です。具体的には記事広告のような形態で、「カレー特集」や「テラス席があるカフェ特集」といったテーマごとに幾分かの広告費を頂戴し記事コンテンツ化するというものです。最初の立ち上げ期には営業の労力は必要ですが、ある程度登録店舗が増えてきた後はその登録店舗に営業・取材を行うことで運用工数を削減することができます。

Point.3 地域のニュースを網羅

地域ポータルサイトの差異化ポイントの一つとして、新聞や大手メディアには載らないけど普段の生活で知りたい情報を提供することにあると思います。遠くの事件より、近くのスーパーの特売が気になるのが人間というもの。その地域のニュースを継続的に集められる仕組みを構築します。

運営スタッフによるニュース作成には限界があるので他のユーザーにもニュース作成機能を開放できるようにシステム対応します。理想型は地域ポータルサイトの参加者が自発的にレポーターとして登録し、ニュース記事を作成・投稿してくれる状態ですが、必要に応じて運営スタッフと外注スタッフを組織し、最低限必要なニュース量を確保します。

加えて、地域情報に登録しているお店やサークルにもニュース投稿機能を開放し、本当に知りたい地域の情報がまとまっているという地域ポータルサイト本来の立ち位置を確固たるものにします。地域住民による地域目線の情報と行政関連の情報があわせればニュースサイトとしての価値も大幅に高まるでしょう。

永く愛され続ける存在へ

地域ポータルサイトはどうしても手がかかります。完全に自動化されたサイトでは価値がありませんし、かといって運営コストがかさむと継続していくことができません。

「なんとなく作る」ではなく、「永く愛されるサイトを作る」という大きなビジョンを持つことがスタート地点。自動化するものやユーザーにかたちづくってもらうものをシステムによって最大化することで運営コストを低減し、肝となる部分は運営スタッフや協力レポーターによって質と量を担保することができれば、まだまだ大きなチャンスがあるジャンルだと感じます。

関連エントリー