今から考えるオウンドメディア・独自ブログの成功法

Marketing

今更、から今から

日々たくさんのブログやメディアが生まれ、5年前と比べても比較にならないぐらい、GoogleやYahoo!の検索結果は激しい競争が繰り広げられています。

以前は上位にいたけれども、最近は検索結果順位が落ちて、という声も珍しくありません。それぐらい、量が増え、また、SEOに注力した質の高いメディアも増えてきたため、多くのキーワードで大手や専門メディアが上位を独占する状況が発生しています。

このような状況で中小企業が取り組めることは何か。その一つとして、今だからこそ考えるオウンドメディア・独自ブログについて整理してみたいと思います。早速、いくつかのポイントで整理してみましょう。

Point.1 深さ、をどう出すか

よほど特殊な業界でない限り、あなたが書こうとしている内容は、他の誰かが既に書いています。オウンドメディアを作る目的が、単純なページ増加によるSEO効果であればそれも否定しませんが、もし記事単体で見込み客を呼んできたいのであれば、数多いるライバル達よりも、内容の質・量が優れている必要があります。

量でがんばれるならそれにこしたことはありませんが、相当な時間と労力がかかります。とても普通の一企業には現実的ではないでしょう。そこでお勧めするのが深さを追求することです。

深さというのは書こうとしてテーマのマニアックさです。たとえばビジネスマナーについて何かを書くとしても、名刺交換について、となると一段深くなりますし、海外のVIPとの名刺交換について、となるとさらに深くなります。さらに、名刺交換のない文化圏での名刺交換について、となるととても深くなります。

これは一例ですが、あなたの業界ネタでも、状況や相手を限定することで、投稿内容を深めることができるかもしれません。細かく、深くすることでネタかぶりが減り、ネット検索で上位に出やすくなります。

Point.2 量はやっぱり重要

投稿のペースとして、「月に1回ぐらい更新すればいいかな」と考えているのであれば、さすがに少なすぎます。可能であれば毎日、無理でも週一、これぐらいのペースで投稿していかないと、資産としての価値がなかなか高まりません。

投稿するネタを準備できるかにもよりますが、量をつくれることも競争優位の一つです。ネタを深く・細かくすることで、より多くの記事を作ることができるのであれば、量も同時に追ってみてください。

Point.3 意味がある内容があること

これは当たり前過ぎるポイントではあるのですが、意味がある内容があることはとても重要です。SEO対策として行われているメディアの中には、ただただ文字だけの中身のないものも多くあります。

オウンドメディア・独自ブログは、あくまで集客が目的です。検索からのアクセスが多くても「この企業、よさそうだな」と思ってもらえなくては意味がありません。その記事を読んで、自社のアピールにつながるのか、しっかりと自問とチェックを欠かさないようにしてください。

年単位の視点を

オウンドメディア・独自ブログには、長期的な視点が必要です。続けていく意志がなければ、集客ツールとしての成長は決して見込めません。

最初は思ったより多くアクセスが増え、その後伸び悩み、そしてまた緩やかに上昇していくという流れがあります。また、特定の記事ばかりがアクセスを稼ぐ状況であれば、その記事の周辺を充実させていくといった細かいチューニングも良いでしょう。いずれにしろ、年単位、そして組織単位で取り組む先に、オウンドメディア・独自ブログの成功があります。

片手間ではなく広告投資としてしっかり取り組めるのであれば、「今からでも」オウンドメディア・独自ブログにチャレンジすることをお勧めします。

関連エントリー