調剤薬局/処方箋薬局のホームページ制作と集客戦略

System

処方箋争奪戦

薬局間の競争が激しくなっています。医薬分業の流れから大手チェーンが跋扈する中、立地だけを気にして地域に密着していればよかった時代は、少しずつですが過去のものになろうとしています。

とはいえ、何に手をつければ良いのかもわかりにくいのが調剤薬局の集客戦略ではないでしょうか。地に足のついた範囲で攻めの施策をうつにはどうすべきか、いくつかのポイントで整理してみましょう。

Point.1 ホームページは正確な情報を維持

調剤薬局のホームページの中には、何年も前に作ったきりで、開局時間も古いままのものも珍しくありません。これは作ったっきりでほったらかされている例ですが、そこまでいかなくても、情報の更新が滞っているところも多いのではないでしょうか。

何もブログやFacebook、Twitterなどで積極的に情報発信をすべきというわけではありません。当たり前のように、確実に情報を更新できるように、あらかじめホームページを構築しておくことが重要です。長期休暇時の案内や突発的な案内などが更新できるのはもちろん、変更がかかりうる箇所をあらかじめ想定して、ITに詳しくない人でも更新できる体制を整えておくべきです。

Point.2 GoogleMapなどのローカル施策を充実

スマートフォンが普及した時代、「薬局、どこにあったっけ?」と探した時に確実に見つかることが重要です。もちろん今でも多くの人は受診した医院の近くの薬局に寄りますが、自宅への導線上に存在すれば、立ち寄ってもらえる可能性があります。

インターネット上でのSEO対策はもちろん、GoogleMapへの登録や情報充実など、地域密着前提での最適化の方法が存在します。こういった地味な施策を抜け漏れなく実行することで、確実な来客増を見込むことができます。

Point.3 細かい工夫とアピール

処方箋の薬を提供する、と書いてしまえばどこの調剤薬局も同じになってしまいますが、その実は薬局によって違いがあると思います。例えば品揃えや包装の仕方など、一見、普通でしょと思われることでも、しっかりアピールすることで、「この薬局、いいなぁ」と思われるポイントは作れると思います。

来局者に1枚のビラをいれるところからはじめるのがお勧めです。近くのクリニック受診の際はもちろん、少し離れたクリニックを受診した帰りに寄ってもらえるよう、しっかりとアピールすべきところはアピールしてみてください。

どんぐりの中で際立つか

どんぐりの背比べに陥りがちな調剤薬局の中で何を差異ポイントにしていくべきか。これはとても難しい問題です。正確かつスピーディーに業務を行う、というのが大前提になりますが、それだけではなかなか来局者に感動してもらえないのも調剤薬局の辛いところです。ですがそれはサービス業としての努力に意味がないということではありません。

できることは少ないからこそ、そのできることを高いレベルで行うことで大きな差がうまれます。立地や周囲のクリニックの分布、さらには競合薬局を頭にいれながら、できることからはじめてみてください。

関連エントリー