美容整形クリニックのランディングページ(LP)制作

System

リスティング広告との連動

リスティング広告での集客が一般的になるにつれて、広告からの集客動線をホームページの特定ページを使い回すのではなく、専用のページ(ランディングページ)を作り、そこに着地させることで少しでも最終的な申し込み率や問い合わせ率を高めようという動きが主流になってきました。

特定の広告のためにページを作り込むため、想定されるターゲットに対してメッセージを最適化しやすく、結果として転換率が上昇します。激戦区のキーワードを中心に、どこもかしこもランディングページを用意しているという状況になっています。

今回のテーマはこうしたランディングページの制作についてです。とりわけ美容整形クリニックのランディングページ制作において、どういったポイントに注意すべきか整理してみましょう。

Point.1 Yahoo!プロモーション対策は必須に

もし、Google AdWordsに加えて、Yahoo!プロモーションでも同じランディングページを使用する予定であれば、留意すべきことがあります。2014年の2月3日より、Yahoo!プロモーションの着地先に設定されているページ内容がYahoo!独自の医療広告ガイドラインに則って審査されることになりました。

基本的な内容は一般に言われる医療広告ガイドラインに準じているようですが、それだけでは判断がつかないNG例も頻発しており、Yahoo!プロモーションにあわせて制作すると、アピール度の低いページになってしまいます。

予算に余裕があるのであればGoogle AdWords用とYahoo!プロモーション用のランディングページをわけて制作するのがベストです。もしそこまでは、という場合はページのURLにパラメーターをつけて、そのパラメーターがついているときはYahoo!プロモーションでNGな要素は表示しないようにする等の工夫が必要です。

現時点の様子では、着地先ページだけではなく、着地先ページからリンクが貼られているページの内容もチェックされる事例も発生していますので、最悪の場合本体サイトの修正も必要になってくるのでやっかいです。審査、再審査の手間をできるだけ省きたいのであれば別のランディングページとして二つ用意するのをお勧めします。

Point.2 価格訴求は明瞭に

脱毛や痩身、その他美容整形クリニックのサービスメニューは高額になりがちです。そこでサービスの価格はわかりやすいように明朗表示し、低価格路線であれば安さを精一杯アピールしましょう。また、高価格路線であればなぜ高いのか、他はなぜ安いのか、といった啓蒙コンテンツを用意することが重要です。

訪問ユーザーはそのランディングページ以外にも複数のクリニックを比較検討しています。その時に申し込みに至らなかったとしても、充実した情報や納得できる理由を提供できていれば、いずれ帰ってきてくれる可能性が高まります。イメージで訴求するというのも重要ですが、それだけでは不十分です。感性と理性の両方に的確に訴えられるページ構成を練り上げて下さい。

Point.3 院長露出やスタッフ露出は最大に

美容整形は安心感をアピールすることも重要です。院長やドクターの経歴も重要ですが、写真を掲載して信頼感を担保する方法に勝るものはありません。可能であればドクター以外の看護師スタッフや事務スタッフも露出させ、少しでも訪問ユーザーの親近感を持ってもらえるようにしましょう。

さらに可能であれば院長によるブログも有効です。技術的なこと、業界的なことなど、そのクリニックの方針やこだわりが見え隠れするような内容を書きためていくことで、ランディングページからさらに掘り進んで調べたいユーザーのハートを掴むことができます。

参入が一気に増え、淘汰の時代へ

美容整形クリニックの数は、ここ5年の間に急激に増えました。女性のニーズに加え、男性のニーズも増えてきたことがこうした傾向を後押ししているように感じます。とはいえ、既に供給過多に陥っている地域もあるようなので、今後は本格的な淘汰の時代になっていくのだと思います。

そんな中で生き残るためには、しっかりと新規ユーザーを獲得し続けることが重要です。いまやリスティング広告をいかに使いこなせるかが新規獲得の必須要件になってきました。そのリスティング広告の効果を最大化するためにも、効果のあるランディングページ制作を検討してみて下さい。

関連エントリー