有料健康相談サービスサイトの管理システム構築

System

遠隔での意見提供

健康増進という言葉が大きな意味を持つようになってきました。それに伴い、多種多様な健康関連サービスが勃興しています。これもニーズの多様化と言えばそれまでですが、インターネットの普及と相まって、以前では難しかったビジネスが成立するようになってきているとも言えます。

遠隔で健康に関する相談がしたいという人のニーズを捉えたサービスが、WEBサイト上でやり取りをする健康相談サービスです。医師やそれに準ずる人が回答者となり、利用者から寄せられた質問に対して回答を行います。ケースによってはそのまま来院を促すといったかたちで運営しているところもあるようです。サービスもそれ専業でやっているところから、医院が副サービスとして展開している例まで様々です。

今回のテーマは、こうした健康相談を有料で行うサービスの管理システムについてです。回答者と利用者をスムーズにつなぎ、課金までしっかりと統合して運用するためには、どういったポイントに気を付けてシステムを構築すべきか、整理してみましょう。

Point.1 ポイントチャージ制で質問をスムーズに

利用者が質問をしようとしたとき、毎回毎回決済を促されるとどうしても意欲が下がってしまいます。そういった決済による意欲低下を防止する策としては、事前のポイント購入が有効です。

数回分の質問に利用できるポイントを事前決済することで、いざ質問しようとするときには支払いを意識しないで済みます。最初に利用するという一番気持ちが高ぶっているときに数回分の利用料を買ってもらうことができるので売上UPにもつながります。また、確実に前払いで金額を回収することができますので、キャッシュフロー的にも経営に優しい仕様になります。

事前ポイントは逆に初回購入のハードルがあがってしまう場合もあるので、トライアル施策と組み合わせることでその効果をうまくバランスする必要があるかもしれません。全体の価格戦略、販促企画と連動させながら検討してみて下さい。

Point.2 回答者ごとに上限数を設定可能に

回答者となる人をシステムに登録する際に、その人の1日あたりの上限回答数を設定できるようにします。共通の設定値で常に運用するのもありですし、曜日や日ごとに別の上限値を設定することも可能なようにしましょう。

曜日によって回答上限数に達した場合は質問自体を締めきるようにし、回答能力以上に質問数が積み上がっていくのを未然に防止します。利用拡大という視点では回答を締めきらずにひたすら受け付けるのが正しいという考え方もできますが、あくまで質の高い回答ができる範囲に受付を絞り込むというのが有効な場合もあります。サービス自体の目指す方向性に応じてシステムが柔軟に対応できるようにしておきましょう。

Point.3 履歴は保持し、回答者の回答作業をアシスト

こういったサービスで一番負担がかかってくるのは回答者です。一回きりの質問に対して回答するのはそれほど骨が折れる作業ではありませんが、時間を追っての複数の質問や、同一利用者の違った角度からの質問など、背景知識を改めて整理する必要があり、回答作成にも時間がかかってしまいます。

こうした回答者の負担を軽減するために、回答者が回答を作成する画面には質問者との過去のやり取りや関連する質問など、様々な補助情報を表示します。詳細を確認したくなったら1クリックで該当の情報にアクセスできるので、回答作成の際に必要な情報収集・整理作業が大幅に省力化されます。回答者の負担を減らせれば上限回答数も増やすことができサービスの拡大につながります。回答者関連の機能には積極的に投資しましょう。

相談できる安心感を

世の中には様々な事情を抱えた人達がいます。そうした人達にとって、たとえ有料であっても信頼できる相談相手が存在することは大きな救いになります。質と規模を両立するのは困難が伴いますが、絶え間ない業務改善とシステム改善があればきっと実現できます。あなたの挑戦、応援しています。

関連エントリー

    関連エントリーは見つかりませんでした